商標

当事務所では、商標登録出願から商標権の取得・維持管理までを一貫して行うことにより、御社の知的財産活動をサポートします。

ご相談~出願までの流れ

お問い合わせ
まずは、「お電話」又は「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせください。お客様のご都合に合わせて、お打ち合わせの日時と場所を設定させていただきます。
お打ち合わせの場所は、お客様に当事務所にお越しいただくか、又は、弁理士がお客様のところに出張いたします。なお、首都圏以外への出張の場合には、交通費が発生しますので、ご了承ください。
また、遠方のお客様には、お電話又はメールでのご相談も承ります。
お打ち合わせ(無料)
●お客様へのヒアリング内容
・商標登録をご希望の商標(文字、図形、ロゴ、それらの組み合わせなど)
 商標の見本がございましたらご提示ください。
・商標を使用する商品又は役務(サービス)
・お客様の事業内容や今後の事業展開など

●弁理士からのご説明内容
・商標登録出願から特許権の取得・維持管理までの手続の流れ
・各手続の費用の概算
先行商標調査(無料)
ヒアリング結果に基づいて、簡易的な先行商標調査を特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」により行います。
先行商標調査の調査結果に基づいて、商標権取得の可能性を検討します。
正式なご依頼
先行商標調査の調査結果と、それに基づく検討結果(商標権取得の可能性)をご報告します。
弁理士からの報告結果に基づいて、商標登録出願するか否かをご判断いただき、商標登録出願をご希望の場合には、正式なご依頼として受任します。
出願書類の作成(通常納期では1週間程度のお時間をいただきます。)
出願書類(願書)を作成します。
追加の確認事項がある場合には、随時ご質問させていただきます。
出願書類の原稿のご確認
作成した出願書類の原稿をお客様に提出し、お客様に内容をご確認いただきます。
修正点がある場合には、原稿を修正し、原稿を完成させます。
商標登録出願
お客様からの商標登録出願のご指示により、完成した出願書類を特許庁に提出します。
出願後、出願書類の控えとご請求書をお客様に送付します。

概算費用(区分数1の場合)
 弊所費用(税別)   60,000円~(区分数に比例して増額)
 出願料(特許印紙代) 12,000円~(区分数に比例して増額)

出願後~商標権の取得・維持管理までの流れ

商標登録出願 → 出願公開
特許庁に商標登録出願すると、出願番号が付与されます。
出願日から1か月~2か月が経過すると、出願書類が、公開商標公報として公開されます。
拒絶理由 → 意見書・手続補正書の提出
特許庁による審査結果(出願日から約1年)として、「拒絶理由」が通知された場合、その拒絶理由を解消するために、「意見書」や「手続補正書」を作成して特許庁に提出します。
これにより、拒絶理由が解消できた場合、「登録査定」が通知されます。一方、拒絶理由が解消できなかった場合、「拒絶査定」が通知されます。

概算費用
 弊所費用(税別) 意見書   55,000円
          手続補正書 55,000円
登録査定 → 登録料の納付 → 登録(商標権の取得)
「登録査定」が通知された場合、「登録料」(特許印紙代)を特許庁に納付することにより、商標権を取得することができます。なお、登録料は、10年分の一括納付、又は、5年分の分割納付を選択することが可能です。また、登録されてから約1か月後に、商標公報が発行されます。

概算費用(区分数1の場合)
 弊所費用(税別)        55,000円~(区分数に比例して増額)
 10年分の登録料(特許印紙代) 28,200円~(区分数に比例して増額)
更新登録料の納付 → 商標権の維持
10毎年に、商標権の更新を申請し、「更新登録料」(特許印紙代)を特許庁に納付することにより、商標権を維持することができます。なお、更新登録料は、10年分の一括納付、又は、5年分の分割納付を選択することが可能です。

概算費用(区分数1の場合)
 弊所費用(税別)          48,000円(1回の納付につき)
 10年分の更新登録料(特許印紙代) 38,800円~(区分数に比例して増額)

PAGE TOP

© 2021 梓特許事務所